インドエステとは

インドエステとは、痩身マッサージのひとつで、その名のとおり古来からインドに伝わる美容法です。精油(エッセンシャルオイル)を用いて、全身をすべて人の手によってマッサージするのが特徴です。独自のマッサージ法によって、脂肪のもみほぐしを行い、代謝を上げて、老廃物の排出を促します。

痩身効果はもちろん、デトックス効果、精油による美肌効果、アロマテラピー効果があります。即効性が期待でき、また、リラックス効果・ヒーリング効果が高いため、近年大変な人気を呼んでいます。

伝統あるアーユルヴェーダ

インドエステは、インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」に基づいています。
そのため、西洋医学を基礎として組み立てられている一般のエステとは身体についての考え方が異なります。

アーユルヴェーダの歴史は約5000年で、現存する伝統医学としては最も古くなります。
ほかに有名な伝統医学に漢方薬でおなじみ中医学がありますが、アーユルヴェーダも中医学も、西洋医学で言うところのいわゆる「病気」が現れる以前の「未病」の状態を重視して、病気の予防と健康維持につとめることが特徴です。

アーユルヴェーダでは、体内にある3つのエネルギー(サンスクリット語でドーシャ)のバランスが取れていることを心身の健康の基礎と考えます。
その3つのドーシャとは「風」「火」「水」のエネルギーです。

「風のエネルギー(サンスクリット語でヴァータ)」は、運動エネルギーを表し、血液や体液の流れ、消化や排泄のコントロールに関わっています。
「火のエネルギー(ピッタ)」は、変換エネルギーを表し、代謝や消化に関わります。
「水のエネルギー(カパ)」は、結合エネルギーで、体内の物質を結合させて構造や免疫機能などを維持します。

これら3つのバランスが取れていれば、活力が生まれて健康な身体が維持できますが、バランスが崩れると毒素が生まれて不快な症状を現すと考えます。

ダイエットだけではない、心身の健康へ

インドエステでは、このアーユルヴェーダの考え方に基づいて体質の判断を行ない、どの性質に傾いているかを分析します。

この体質診断は、施術に生かされるだけでなく、日常のセルフケアのアドバイスにも生かされます。食事や生活習慣に伝統的なコツをプラスすることで、総合的な自己治癒のプロセスを歩むことができます。施術では丁寧なマッサージ法によって、体内に溜まった毒素の排出を促します。これによって代謝が上がるだけでなく便秘やむくみも解消することができます。

また、毒素の排出と代謝アップによって、肌の正常な生まれ変わりを促進するので、肌トラブルに悩む方にもおすすめのエステです。

アーユルヴェーダは「自己治癒の科学」とも呼ばれています。
自分のドーシャのはたらきを把握し、バランスを整えることで、単なるダイエットにとどまらない、心身の健康を手に入れてください。